女性の一人暮らしの防犯対策ポイント

女性が快適に一人暮らしをするためには、賃貸物件の選び方や日々の防犯対策は重要ですよね。

まず部屋を選ぶときは、カメラ付きインターホンやオートロックは必要不可欠な設備で、室内洗濯機置き場の有無も、重要なチェック項目になります。
管理人の状況、警察署・交番までの距離、夜間などの騒音状況、近隣住民の様子などをできる範囲で事前確認することも大切です。

契約後住み始めたら、女性の一人暮らしの場合、警察も推奨しておりますので、表札は出さない方が賢明でしょう。また外出して帰宅する際には周辺を確認し、不審者がいないか確認することが大事です。
帰宅ルートは2パターン以上つくり、待ち伏せなどの防御策をとりましょう。

宅配便の荷物受け取り時は、無警戒でドアを開けてしまいがちですが、宅配業者を装った犯罪も増えております。予期せぬ来訪者にドアを開ける場合、ドアチェーンを掛けるのはもちろん玄関の目に入るところに男性用の革靴を置いておくことも効果的です。

洗濯物についてはできる限り部屋干し、外干しする場合には男性物の下着や衣類も一緒に干すと良いでしょう。
不要になった下着類、個人情報が記載されている郵便物・書類などは、はさみやシュレッダーなどで細断もしくは重要部分を塗りつぶして読解不能にしてから捨てましょう。またゴミ出しは、できる限りごみ収集直前に行うことも大切です。

高層階に住んでいる女性は、窓の施錠に関して警戒心が低なりがちですが、窓の施錠は習慣づけましょう。
自分の身を守るためにも、できる防犯対策を普段から怠らないことが一番大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。