施錠見守り防犯システム

空き巣は無理矢理カギをこじ開けて侵入してくる、と思われがちなのですが、2013年警察庁が発表した侵入手口によると、なんと43.8%にも及ぶ半数以上が無施錠による侵入なのです。
今回ご紹介する防犯システムは、セキスイハイムが開発したシステムで、そんなカギのかけ忘れを教えてくれる防犯システムとなっています。

例えば朝予定に遅れてしまうからと慌てて飛び出してしまい、カギをかけ忘れてしまったという場合でも、外出から2分程経った後にメールでカギの締め忘れを知らせてくれるので安心です。
また外出中に窓に不振な振動を感知した場合にもこの防犯システムが作動し、アラームで侵入者の警告、更にメールで異常があった事を知らせてくれます。

更に侵入者の3割が在宅時に侵入してくるというデータも発表されていますので、在宅時でもドアや窓の施錠がちゃんとされているのかを監視、施錠されていない場合には音とランプで知らせてくれるので、忘れる事はありません。

荷物の持ち運び時等、少しの間ドアや窓を明けっ放しにしておきたいという場合は、警告アラームの延長をすることができ、更にお子様が昼寝しているから音は鳴らしたくないという場合でもランプだけで知らせるように設定する事が可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。