台風災害の対策

台風は天気予報を見て事前の蓄えがしやすい災害です。
しかし台風はいきなり進路を変える事もある為、いきなり上陸して対策が間に合わなかったという事が無いよう、軽く見ずに日頃から準備をしておく事が大切です。

台風、又は大雨・強風時に備えて、気付いた時には排水溝や側溝の掃除をして水はけを良くしておきましょう。
また屋根の状態、塀の状態等も確認しておき、補強が必要な部分があるのなら一時対策の補強だけでもしておくと安心です。
強風だけでなく雷や大雨を伴う強い台風の場合、ライフラインが途絶えてしまう可能性もあるので、水や携帯ラジオ、非常食などの非常用品の備えも大切な点と言えます。
そして家族と同居している場合には、家族同士の役割、避難場所、連絡先などを決めておくと安心出来るでしょう。

他に有効なのが、お住まいの地域のハザードマップを入手しておく事です。
ハザードマップには親水、土砂災害の恐れがある箇所や土地の高低差が細かく記載されています。
最後に、冠水・浸水してしまっている道路を歩いて避難しなければ鳴らない時には、マンホールや用水路といった穴のある場所に足を取られてしまう危険性があるため、注意して歩きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です