窓ガラスの防犯

空き巣の被害は窓からの侵入が最も多いといわれるほどですので、窓や庭の対策は最優先すべき対策の1つと言えます。

窓ガラスの侵入はこじ破り、焼き破り、打ち破りの3つが主な手法として使われています。空き巣は侵入まで5分以内を念頭において侵入しますので、侵入行為に対して5分を超えるような防犯フィルムをつけることが出来れば防犯効果は充分に高いといえるかと思います。

防犯フィルムの厚みに関しては本当にわれない防犯フィルムの厚さの目安は327~567ミクロンといわれていますが、市販の防犯フィルムは77ミクロンのようです。
ですので、本当に強いフィルムを買う際には厳選する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です