ソニー α7R III

構図やAFフレーム選択の自由度を高める高密度レティクルAFを搭載しており、介抱F4レンズでもF2.8高速対応測距に迫る優れた合焦精度を発揮し、肉眼では見えにくいくらいシーンでの撮影も可能としています。

従来のばね方式ではなくミラー駆動時に発生する振動を低減することでカメラ振動ブレを抑制するCMOSセンサーの解像力を余すところ無く引き出し、静音にも貢献しています。

クイック設定画面で自分だけの設定画面を自由に設定をすることができます。項目やその大きさ、位置を自由に変更でき、操作性など格段に向上して使用することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です