防犯カメラの赤外線機能

防犯カメラの機能である赤外線機能がどういったものであるかの解説をされています。
夜間悪撮影には暗視機能が必要となっています。代表的名者には赤外線機能が多く使われています。人の目には見えない光を使うことによって暗い場面でも撮影をおこなうことができます。

カメラを正面から見ますと中心にレンズがあり、その周りには赤外線KEDが数十個ついています。

暗くなりますとセンサーが反応して自動的に赤外線が照射されます。この赤外線は人の目で見ると赤くぼやっと光っています。赤外線を書写した状態で撮影を行いますとしっかりと映像を確認することが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です