枕元に置いておくべき防災グッズ

災害が発生した時、すぐに逃げられるよう防災グッズは枕元に置いておくと良いでしょう。

枕元に防災グッズを入れたポーチを置いておけば、就寝時に災害が発生して停電した際に使えるのです。

震災では自宅の家具や家電が転倒したり、小物やガラスが散乱する可能性が考えられますし、津波が発生する可能性も考えられますので、安全な場所へ避難する必要があるのです。

停電対策としてライトは準備した方が良いですが、両手が使えるヘッドライトや手軽に手に入る100均のライトも便利ですし、手袋はガラスや何かの破片で怪我をするのを防げますから、革手袋や軍手は準備しておきましょう。

足を怪我しないためにも、スリッパや運動靴は防災対策として用意するのがオススメですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です