大都市の災害リスク、防災対策は何が必要?

大都市で生活する場合、どんな防災対策が必要になるのでしょうか?

大都市は人口が多くて住宅が密集しているため、災害による火災が延焼を引き起こすリスクがあり、ライフラインが使えなくなると避難が必要になるため事前に避難経路や避難場所について調べておく事が大切ですよ。

建物倒壊のリスクや、高層ビルは耐震補強されていたとしても地震によって大きく揺れたり、エレベーターが使えなくなる事が考えられるでしょう。

埋立地に作られた都心部は地盤が弱く、災害によって地盤沈下が発生するリスクがありますよ。

日頃から周囲の住人との交流をしていない場合、災害発生時に孤立する事が考えられますので、災害時に地域住人と協力したいのであれば日頃から交流しておきましょう。

自分が暮らす地域のハザードマップを確認して、その土地のリスクを把握しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。