大雨に備えてやるべき防災対策とは?

大雨による水害は、いつどこで発生するか分かりませんので、日頃から防災対策を実施しておきましょう。

まずは、住んでいる地域のハザードマップを確認して水害のリスクについて理解し、避難所の場所や避難経路についても調べておく事が大切ですよ。

大切な自宅を守るためにも、日頃から排水溝や側溝を掃除して水の通りを改善させたり、家のドアの前に土囊袋などを設置して水の侵入を防いだり、重しを置いて排水溝からの逆流を防ぎましょう。

防災グッズを備えておいたり、室内にある水没させたくない物を安全な場所へ移動させるのもオススメですよ。

災害級の大雨の中、外出するのは危険ですから、用事もないのに出かけないようにしたり、河川の近くには近寄らないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。